2013年12月19日木曜日

街のイタリア酒場

いまデルソル高円寺店に来ています。イタリア酒場、美味しい海鮮オーブン焼きとワインを飲んでいます。
昼はデルソル中野店でランチパスタを戴きました。
今日、中野ビール工房(仮称)の出店が決まりました。
はやく仲間と祝杯をあげたいところですが、みんな仕事中なので、一人お先に乾杯させていただいております。

中野への出店をデルソルの坂木オーナーにお知らせに来ました。

ぼくはデルソルから大きな勇気をもらいました。

デルソルとの出会いは、20歳になったばかりの頃。中野北口の安アパートに住んでいた僕は、大学を中退し、丸井中野本店で生活資金を稼いでいました。

その頃、ぼくは外食(とくに飲み場)を信用していませんでした。
四谷ではなけなしの千円持って居酒屋、ビール2杯とつまみ頼んで勘定すると千円オーバー、説明のなかった席料を取られていた。
新宿では宴会幹事を任され選んだ店が態度悪い料理まずい酒だけは時間キッチリ。高田馬場でも。

いまは仕事で関わる中では理解できるようになりましたが、当時はだまされたというか、とてもがっかりの連続でした。

なので、もっぱら安くて量がありそこそこ旨い学食や社食ばかり利用していました。丸井の社食では、おかわり無料だったので、1日の栄養をぜんぶそこで摂取してましたよ。。

デルソルは、丸井中野本店のベテランパートさん・生まれも育ちも江古田・が教えてくれた店でした。「北口わしやを入った先の右側2階に。スパゲティの美味しい店があるよ。ボリュームあるから私いつもお腹いっぱいになっちゃう。能村くん行ってみたら?」

そして、たぶん自分で稼ぐようになってからの、初めての感動体験となりました。
おなかいっぱい美味いスパゲティを食べました。とっても満足できました。

そんな二十歳の原体験はたぶん今も心の青空として僕の中に広がっています。

それがデルソルとの最初の出会い。何度も通いました。

そのご就職し阿佐谷に越ししばらく忘れていました。

それから高円寺麦酒工房を始めました。
高円寺の街にもデルソルをみつけましたが、中野のデルソルだとはしばらく気づきませんでした。それほど街の一部になっていました。

決してチェーン店ではありません。
個店がとなり町にもある、ということです。

そして私が2号店に挑戦しようというとき。私はとなり町に出したかった。しかし多くの知識ある知人が、反対しました。自社内競合がおきる。もっと成功できる街があると。

それでも私はとなり町・阿佐谷に決めました。これだけ反対され不安でした。けれどデルソルの存在が私に勇気を与えてくれました。勇気と不安と、私の心がものすごく小競り合い、最終的に勇気が少しだけ勝ったため、阿佐谷に決めました。

それが良かったのか悪かったのか
その後3号店はさらにとなり町の荻窪へ。4号店は右隣の中野へ。

街のビール屋さんが、となり町同士で共存できないようでは、ましてや、日本中に街のビール屋さんが広まることなどありえません。

ありがとうございます。
ぼくはデルソルに出会えてよかった。